ドミニカ共和国のタイノ族の歴史III

緩い土の塚にキャッサバを植える

ドミニカ共和国に定住したタイノ族の社会組織は、 最下層のナボリア、宗教的信念を代表するボヒケ、貴族または上流階級のニタイノ、そして村の最大の長であったカシケ。 生産的な部分では、その主な活動は農業、狩猟、漁業でした。

農業

タイノ族の主な作物は、キャッサバ、トウモロコシ、サツマイモ、ピーナッツ、タバコ、マメイ、グアバ、パイナップル、パパイヤなどの製品でした。。 キャッサバが主食で、さまざまな方法で調理しました。そのうちのXNUMXつは、生地を使って乾いたパンやカサベを作り、それをブレン(パンやカサベを調理した粘土板)で焼いたものです。

タイノ族は彼らの主要な農産物を栽培するための技術を持っていました、ユッカ、アジェ、サツマイモは、より良く発達したと考えられたため、緩い土壌の塚に播種されました。一方、トウモロコシは、森林を燃やし、乾燥させ、播種し、収穫するというローザシステムの下で植えられました。 タイノ族はこれらの植栽場所をコヌコと呼びました。

後で、 タイノ族は不安定な灌漑システムや溝を作り始めました それは彼らが乾燥した土地に種をまくのを許しました。

最初の雨のサイクルで、主要な農産物の播種が始まりました、 とうもろこしの場合、満月が予想されたのは、そのような条件下では豊作が保証されると考えたからです。.

主な農具の中で、コアまたはプルオン(掘るための木の棒)が際立っていました そして、彼らが非常に一貫性のある岩と磨かれた表面から作った石の斧。

狩猟と釣り

鳥や哺乳類を狩るための主な道具は弓矢でした彼らはまた、ランセット、毒、フック、ネット、そして多数の罠を使用しました。 彼らが狩った動物の中には、絶滅した鳥、イグアナ、ワニ、ヘビ、げっ歯類がいます。 家畜として、彼らは無言の犬またはエーオンを持っていましたが、彼らがその肉を消費したので、それは彼らの食事の一部でもありました。

狩猟と同様に、釣りの主な道具は弓矢であり、フックや綿の網も使用されていました。 しかし、彼らは魚やカメを捕まえました。 彼の好きな獲物のXNUMXつはマナティーでした、水辺の植物を食べ、浅瀬に生息する珍しい哺乳類の種。 つづく…/


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

9コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

  1.   エイドリアン

    エトタバカノ

    1.    ダニエラ

      こんにちはこれはとても良いです

      1.    アルベリス

        ok

  2.   ワディウルカ

    これは子供たちにとって良い学習です

  3.   アダンディスラ

    私は私の国の歴史が大好きです

  4.   god1234

    彼らがかつて織り上げていたもの

  5.   マリア・ルーゴ

    私はその話に魅了されています

  6.   ナンシー

    どんな飲み物を飲みますか?

  7.   パイロットデッド

    guevaso胸ワルツ