中国の彫刻、素材、製造技術

博物館の中国の彫刻

私たちは皆、古代中国の文化について聞いたことがあります。何千年にもわたる単一の記事ではばかげているでしょうが、そうです。 中国の彫刻、その伝統、そしてアジアの芸術におけるその重要性についてお話ししたいと思います。 そして、残りの世界で。

中国の歴史とすべての文明の起源から、シャーマニズムの儀式の一部である青銅、翡翠、骨のオブジェクトが作成されました。 ブロンズとヒスイのこれらの形で、それは初めて示されます 中国美術の本質的な原則のXNUMXつは、芸術的創造精神と、彼らがその概念から運命づけられた社会的および階層的機能との間の統合です。  

彫刻の特徴

典型的な中国の彫刻

中国と西洋の彫刻の違いの一つは、中国の彫刻家が存在する風景に多くの注意を払っているということです。 人物像では、シルエットの輪郭に細心の注意を払い、輪郭を洗練させ、内なる精神が放つ目が特に興味深い。 その特徴のもう一つは、キャラクターの服装に重点を置いていることです。

中国の彫刻を特徴づけるものがあるとすれば、それは職人と見なされる芸術家よりも、それが作られる材料の優れた技術的知識です。このため、中国の芸術について語る本や歴史的文書のほとんどには言及されていません。 それは匿名の芸術であり、集合的なワークショップの創造です。

アイボリー、木、竹の彫刻

アイボリーで作られた中国の彫刻

象牙彫刻は最も古い芸術のXNUMXつであり、王朝にまでさかのぼる墓でサンプルが発見されています。 シャン (XNUMX〜XNUMX世紀 ac). これらの作品は、私たちを先史時代に連れて行く可能性のある以前の開発について語るほどの並外れたデザインと実行を持っています。 唐時代(618-907 AD)と宋王朝(960-1279 AD)に、牙と角の彫刻は技術的および美的観点からより洗練されました。 西洋の産業が徐々に中国に導入されたのは、1644世紀の清王朝(1911-XNUMX AD)です。

木彫りは中国で長い歴史があります。 その動機は、幸運、繁栄、調和、長寿についての神話と一般的な信念に基づいています...

2000年以上前、中国人はすでに竹に彫られていましたしかし、この素材の彫刻がプロの工業芸術になり、ますます多くの芸術家がそれに専念したのは、明王朝(1368-1644 AD)からです。 この芸術では重要な学校や彫刻家が認識されているので、それは好奇心が強いです

中国の彫刻のテーマ

石で作られた中国の彫刻

中国の彫刻のほとんどは、本物と架空の両方の宗教と英雄に関連しています。 石の彫刻と木造建築を通して、社会は深く階層的なコミュニティとして現れました。

石の彫刻は、葬儀の小道の荘厳で代表的な装飾として始まりました。 漢王朝の皇帝の墓、 特に明の十三陵。 それらの中には、素晴らしい本物の神話上の動物、そして識字者、軍隊、外国の社会階級などの表現があります。

彫刻は仏教の普及と密接に関連していた。 雲岡石窟、龍門石窟、敦煌石窟は、仏教のパンテオンを形作った石、レンガ、漆喰の作品を展示しています。 これらの作品では、シルクロードで生み出された交流の最大の貢献のXNUMXつとして、外国の影響とその中国の味と美学への変化または適応を評価することができます。 チベットやインドの影響を受けた仏像が全国に数多く見られますが、それらは素晴らしい特徴、遠く、神秘的な視線を備えた仏像です。 XNUMX世紀からXNUMX世紀にかけて、仏像はより大きな表現、喜び、現実を持ち、より曲線的で柔らかな形で現れ始めました。

磁器

象牙で作られた中国のタチャ

「職人の彫刻家」が素材を支配していることを最初にお話ししたので、中国の彫刻の一部として磁器についてお話ししたいと思います。 磁器は、伝統的または工業的な方法で製造されたセラミック材料であり、伝統的に白く、コンパクトで、壊れやすく、硬く、半透明で、防水性があり、共振し、弾性が低く、化学的攻撃や熱衝撃に対して非常に耐性があります。これは少なくとも最も科学的な定義です。

それは名前で、中国で始まりました ツー、おそらく漢王朝の時(紀元前206年から紀元前220年)、最初に書かれた参考文献は王朝の時からのものですが (西暦618年から西暦907年)。 そしてそれをヨーロッパに紹介したのは旅行者のマルコポーロで、何世紀にもわたって彼らはそれをコピーしようとしました。

西安の兵馬俑

兵馬俑

間違いなく、中国の彫刻を考えるとき、西安の兵士が思い浮かびます。 これらの兵士は、8000人以上の兵馬俑と兵馬俑のグループであり、これらは兵馬俑の天の軍隊の一部です。 Q ホワン、210-209年 ac, 中国初の自称皇帝。

統計 それらは等身大です:それらは1,80メートルの高さを測定し、テラコッタで作られた鎧を装備しており、当時は本物の武器を持っていました。 それらの独自性は、それぞれが異なる機能と特性を持っていることです。 女性もいます。 フィギュアは鮮やかな色と明るい色ですが、5時間の空気暴露後、酸化により塗料が失われます。 今日でも彼らはこれらの色を維持することを可能にする技術を探していますが、それが達成されていないことが知られています。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

  1.   アンドリア

    SUPER FIND MY JOB FOR TOMORROW AAAYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY
    '