インドと教祖

賢明なインドの教祖の退化であり、彼らはどこにでも群がるいわゆる「小さな魔女」であり、彼らには知られていない未来の完全に架空のビジョンを提供します。 事は リラクゼーション、集中力、スピリチュアリティ、瞑想の必要性は常にあります; 人生のストレスや意見の不一致にさらされ、前述の「小さな魔女」やぽっちゃりしたシャーマンなど、常に存在する詐欺師によって利用されている社会のあらゆる人の内部ニーズ。 必要に応じて、解決策といくつかの詐欺があります。

インドの第一人者

この用語は太古の昔から来ているので、世界で最も忠実なXNUMXつの宗教のうちのXNUMXつ(仏教)の創設者であり基盤である仏でさえ、最初にそれと呼ばれたわけではありません。 教祖は精神的な問題の賢人、魂の問題の信頼できるアドバイザーと見なされています、仏教で本当に重要なこと、それがその教訓に基づいている宗教。

適切な教祖を見つけることが、彼らの教祖であるマハリシ・マヘシュ・ヨギを「見つけた」ビートルズへの旅行の理由であることがよくあります。 結果は最適で、彼らは最高の音楽を録音するためにイギリスに戻り、歴史を作りました。 リバプールのものよりも教祖のためのより良い宣伝-ちなみに、親愛なるものではありません-?

インドが教祖と関係があるということは、彼らが隅々に見られるという意味ではありません -ペルーには犬よりも多くのauquénidosがあると考えるのと似ています-、すべての風変わりなヒンズー教徒と長い髪の男性は教祖ではなく、どちらもすべての由緒ある男性ではありません。 そしてそれは 教祖は文字通り「スピリチュアルマスター」を意味するので、瞑想を専門とする仏教寺院でそれらを探すのが適切でしょう。.

このテキストは、「闇」から弟子たちに移り、肉体と喜びの重要性を否定し、彼らに内面の「神」を示すことを目指す教祖の原則の最初の到達を開始するために使用できます。光」、重要な始まりとして弟子のエゴを壊します。

インドの第一人者

仏教の信念、現代の賢人、そして彼らの崇拝の姿を固めるすべての人々は、原則として、物質的な商品や肉欲の処分の重要な遺産を残した重要な教祖です。 教祖は、生き物をその精神性の完成のために生きる実体に変えます.


コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1.   セバスチャン

    私はグストムチョ