インドの工芸品と手工芸品

あなたはのファンですか クラフツ? あなたはそれについて知りたいと思うでしょう。 インド 地元の職人が手作りした一連のお土産を購入できます。 の中に マーケットとワークショップ 詳細化プロセスを観察し、後で必要に応じて適用することもできます。 について話しましょう インドの陶器。 陶板に自分で絵付けをして、サンプルや装飾として飾ることができます。 これを行うには、白いプレートを購入し、紙やすりで磨き、底にアクリル絵の具をXNUMX回塗り、乾燥するのを待ちます。 次に、図形を描くかトレースして、ペイントを開始する必要があります。 食器がすでに塗装されている場合は、塗料を密閉するために特別なラッカー(スプレーなど)を塗布する必要があります。 これらの装飾プレートは、ご自宅の特別な部分を強化します。

インドの陶器は次のような点で有名です。 カラフルで装飾的な。 通常、陶器に描かれる絵は自然の風景や地元の伝統と大きく関係しています。 インドでは、粘土ガラス、花瓶、エナメルを施した陶器、多色磁器、象牙の装飾品で作られた作品、銅でコーティングされた陶器など、さまざまな陶器作品を購入できることを言及することが重要です。

たくさん ヒンドゥー教の職人 粘土などの素材をもとに手作業で陶芸を行っています。 これらの素朴な工芸品の作り方は世代から世代へと受け継がれており、まさに古代の芸術です。 これらのセラミックは非常に耐久性があり、装飾としてだけでなく調理鍋としても使用できることは言及する価値があります。

ヒンドゥー教の工芸技術を学んだり、お土産を購入したりするのに最もお勧めの目的地の XNUMX つは、間違いなくジャイプールの町です。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*